お金借りる 主婦

主婦がお金を借りる!それって可能なの?

キャッシング

主婦がお金を借りたいと思ったらどうすべきかなやみますよね。
主婦は家庭のお金を握っていることが多いので、一家の財政状況をよく把握していると思います。
把握しているからこそ今はピンチという時がわかるので、これをどう乗り越えるべきか…という点でよく悩んでしまうのではないでしょうか。

 

お金がないのであれば、それを乗り越えるためにはお金を借りることが思いつきます。
生活費などが足りないのであれば旦那さんにお願いしてお金を少し借りてもらうこともできますが、もし自分の都合によってお金を借りるということになればどうでしょうか。
旦那さんが理解ある人ならいいのですが、自分の都合ためとなるとやはり旦那さんからの許可が下りないかもしれませんし、代わりに借りてもらうのも申し訳ないですよね。

 

では主婦は自分でお金を借りることができるのかという点。
結論から言えば、主婦は自分でお金を借りることができます。
そのため旦那さんに内緒で借りたい、旦那さんじゃなくて自分で借りたいという人も安心です。
ただこれは専業主婦なのか、それとも兼業主婦なのかという点も変わってきます。
お金を借りる本人に収入があるのかないのかによって借りる場所も異なりますし、確実に借りることができるかわからないという点も変わってきます。

 

ここでは専業主婦か兼業主婦かによって異なる借入先や、主婦がお金を借りる方法によって紹介していきます。
主婦だけどお金をどうしても借りたいと思っている人は最後まで見てみてくださいね。

主婦がお金を借りるには旦那の承諾が必要?

主婦がお金を借りるとなると、やはり旦那さんの承諾が必要なのでは?と思ってしまいますよね。
今は女性が働いて男性が家庭を守るというところもありますが、それでも多いのは男性が働いて女性が家庭を守るというものです。
昔ながらの習慣が今でも語り継がれているので、一家の大黒柱は男性という家庭が非常に多いと思います。
男性が稼ぎ頭とはなっていますが、家計を管理しているのは女性が主でしょう。
そのため家計のピンチは女性が気付くものですが、家計のピンチであれば旦那さんに相談してどうにかすることができます。

 

しかし主婦もたまには息抜きが必要。
息抜きのため使いたいお金をどうにかしたいと思っても、家計から出していいものか…と悩みますよね。
そんな時にお金を借りることができれば息抜きとしての費用を調達できます。

 

主婦はお金を借りることはできますが、収入があるかないかによって変わります。
収入がある主婦であれば消費者金融や銀行から借りることができます。
収入がない主婦の場合は銀行からしか借りることができません。
そして消費者金融も銀行も、旦那さんの承諾が必要というところもあれば不要というところもあります。
これは借りる場所によって変わるので、必ずしも承諾が必要という事ではありません。

 

旦那さんに内緒で借り入れをしたいのであれば承諾が不要というところで借りましょう。
ただ借りる時は少額がおすすめ。
高額の借り入れをすると旦那さんにバレる可能性が高くなるため、内緒で借りても結局はバレて大変なことになってしまいますよ。

専業主婦がお金を借りることはできる?

キャッシング

専業主婦は働かずに家の家事などしている人のことを指すので、収入がありません。
収入がないため基本的には旦那さんの収入によって家計を立てていると思いますが、時にはその家計の中で治まらないこともあるでしょう。
思わぬ出費があるときもありますし、家事や育児の息抜きとして思い切り遊びたいと考えることもあります。
主婦は家の仕事をしっかりこなしているので、専業主婦だって息抜きが必要なのです。

 

息抜きをするにはやはりお金が欲しいところ。
お金があればエステに行ったりお買い物を楽しんだりできるので、時々はそんな贅沢も楽しみたいですよね。
しかし専業主婦は収入がありません。
基本的には収入がない人はお金を借りることはできません。
これは収入がない人に貸しても、返す当てがないことから返済不能になる恐れが高いからですね。

 

ただ専業主婦は旦那さんの扶養に入っていると思います。
婚姻関係にある人に収入があるのであれば、それは夫婦の収入とみなされます。
そのため専業主婦は旦那さんにしっかりとした収入があれば、お金を借りることができるというわけです。

 

お金を借りる関係での法律に総量規制という法律があります。
この総量規制は収入の3分の1を超える額の借り入れはできないというものです。
専業主婦は収入がないため、総量規制が関係する場所では借り入れができません。
総量規制が関係するのは消費者金融で、銀行での借り入れは総量規制の対象外となっています。
そのため銀行でなら専業主婦がお金を借りる申しこみができるのです。

 

銀行では専業主婦でも借入ができますが、必ずしも審査に通るわけではありません。
また場合によっては旦那さんの了承が必要ということもありますので、旦那さんに内緒で借り入れが可能とは言い切れません。
旦那さんに秘密で借り入れをしたい場合は申し込みの際に、スタッフにそのことを伝えましょう。
内緒で借り入れができそうならそのまま申し込んでも良いですし、ダメそうであれば他の所に申し込んでみると良いですね。

収入のある主婦がお金を借りるには

家のことと仕事を両立している兼業主婦が最近多くなっています。
共働きが当たり前となっているので、今は結婚している女性も収入があっても不思議ではありません。
正社員で働いていれば毎月しっかりとした収入がありますが、パート・アルバイトの場合はそうもいきません。
パート・アルバイトは正社員に比べて働く時間が少なく、時給制となっているので働かなければその分稼げないというわけです。
しっかり働いていれば収入があると思いますが、あまり働けない月は収入も少なくなると思います。
そんなときにどうすればいいのかというと、お金を借りるという方法があります。

 

お金を借りるというのは基本的には収入がある人限定です。
毎月少なくても安定した収入があるのであればお金を借りることは可能なので、正社員でなくてもパート・アルバイトでもお金を借りることはできるのです。
毎月きちんとした収入があるのであれば銀行でも消費者金融でもどちらでも申し込み可能です。
どちらも高額の借り入れは無理かもしれませんが、少額の借り入れであれば問題なく借りることができるでしょう。

銀行と消費者金融。主婦がお金を借りるにはどちらが良い?

キャッシング

主婦がお金を借りる場所と言えば銀行か消費者金融があります。
先ほど紹介した通り、収入のない主婦は総量規制の関係で消費者金融から借りることはできません。
ただ一部の中小の消費者金融の中には旦那さんの承諾があれば収入のない専業主婦でも借入OKというところもあります。
そのため一部の消費者金融と銀行からの借り入れが可能です。
収入のある主婦は銀行でも消費者金融でも借りいれができるので、どちらに申し込んでも構いません。

 

ではこの二つ、どちらが良いのか?と悩みますよね。
銀行は銀行ならではの安心感があること、総量規制対象外だということ、金利が安いことなどがメリットとして挙げられます。
消費者金融は即日で借りることができる事、無利息サービスがあること、カードが届けば提携しているコンビニから借入も返済もできることなどがあります。
どちらにもメリットがあり、デメリットもあります。
そのためどちらがいいかというのは、人によって異なるのです。

 

メリットとデメリットを見比べ、その上でどちらかが良いかを決めると良いでしょう。
専業主婦は選択肢が狭まってしまうため悩むことが少なく済みますが、兼業主婦は選択肢が多いので迷ってしまうと思います。
迷ってしまったら利用者の多いおすすめの銀行・消費者金融に申し込んでみましょう。

主婦がお金を借りるために用意したい書類

お金を借りる時はいくつかの書類を用意しなければなりません。
これは主婦に限らず誰が借りる時も同様なので、お金を借りる予定がある人は覚えておきましょう。

 

まず必ず必要になるのが身分証明書。
身分証明書は自分の身元を明らかにするための書類です。
身元が不確かな人にお金を貸すことはできませんので、その身元を明らかにするためにこの書類が必要になるわけです。
身分証明書は運転免許証が望ましいです。
顔写真がついていますし、名前も住所も書かれているので、身元を明らかにするには一番の書類と言えるでしょう。
ただ運転免許証を所持していない人もいるので、そんな人は保険証でも構いません。
しかし保険証は顔写真がついていないため、確実に本人だと見極めることが難しくなります。
そのため保険証を身分証明として提出する場合は、住民票と一緒に提出しなければなりません。
運転免許証の場合はそれだけでいいのですが、保険証を提出する場合は保険証+住民票を提出しましょう。

 

基本的には身分証明書だけでいいのですが、場合によっては収入証明書が必要になることがあります。
高額の借り入れをする場合や、以前借入の延滞などを起こしてしまったことがある人の場合は収入証明書が必要になるかもしれません。
提出を求められた場合は提出しておきましょう。
提出しないとそのまま審査に入ることができませんので、提出の必要がある場合は必須です。

 

借り入れに必要なのはこの二つの書類です。
身分証明書はどんなケースであっても必要なので、必ず用意しておきましょう。